教 会 案 内
沿     革
牧 師 紹 介
お 問 合 せ
信 仰 Q & A
H O M E

集 会 案 内

ア ク セ ス
礼拝メッセージ
このホームページは玉野聖約キリスト教会が管理しています。
Tamano Covenant Christ Church
 招きのことば

◆わたしのところに来なさい◆

すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。
           (マタイの福音書11章28節)

人生に疲れ、さまざまな苦労の中で押しつぶされそうになっていませんか。ここに、心の重荷をといてくださるお方がおられます。

あなたもイエス・キリストのもとにおいでください。上記の聖書のことばはキリストが語られた招きです。

多くの人々が、キリストのもとに来て、魂の底からの安らぎを得ています。



【招きのことば 履歴】

◆黄金律◆

それで、何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。これが律法であり預言者です。
             (マタイの福音書7:12)

これは、キリストが教えられたもので、黄金律と呼ばれます。説明の要らない単純明快なキリストの教えです。

「律法であり預言者です」とは、旧約聖書を指すことばですが、旧約聖書が教えていることを簡単に要約するならばこうなります、とキリストは語られたのです。

対人関係がこの教えを念頭に置いてなされていくならば、麗しい、豊かなものになっていくに違いありません。



◆わたしは、よみがえりです◆

わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。」     
            (ヨハネの福音書11:25)

あなたは、死に対する備えができているでしょうか。死こそは人生最大・最強の敵であり、人生最大の呪いです。しかも、だれにでも100パーセント確実に襲ってくる現実です。

「人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている」のです(ヘブル人への手紙9:27)。

みなが通る道だからと言って、この現実をどうして笑い飛ばすことが出来るでしょうか。

キリストを信じることによって与えられる救いは、究極的にはこの死の呪いからの解放です。キリストはご自分の死と復活を通してこの解放が事実であることを証明しました。

信じる者はみな救われるのです。さばきを免れ、キリストと同じ復活の体で、永遠に天国で生きることになります。

( Q7 人間は死んだらどうなるのでしょうか。 参照 )



◆狭い門から入れ◆

「狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこから入っていく者が多いのです。
いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者はまれです。」           
          (マタイの福音書7:13−14)

イエスはご自身のことを「わたしは門です」と言われました(ヨハネ10:9)。

「狭い門から入りなさい。」とキリストは語っておられますが、狭い門とは、イエス・キリストを信じる信仰の門のことです。この門は小さく、そのあとに続く道も狭い道ですが、永遠のいのちに至ります。

多くの人たちは、群がり競うようにして大きい門を通り、広い道を歩いていきます。大きくて広いことに安心するのかもしれません。みんなが入っていくので大丈夫だろうと思っているのかもしれません。しかし、その先にあるのは、何の希望もない滅びの世界です。

あなたは狭い門からお入りなさい。その道の先頭にはイエス・キリストが歩いておられます。キリストはあなたを永遠に続く光の世界に導いてくださいます。

玉野聖約キリスト教会は、スウェーデンの宣教師によって1955年に始められた正統的プロテスタント・キリスト教会です。


















玉野聖約キリスト教会
日本聖約キリスト教団
WELCOME